プライムイングリッシュの本当の口コミ「効果が出るのは○日後」

この記事は3分で読めます

英会話の新教材「プライムイングリッシュ」。

そんなにいいと言うのなら…というわけで、興味をそそられ、ついに僕も買ってしまいました(笑)

(僕自身、人に英語を教える機会があるので、参考にするという意味もあります。)

量ではなく効率を重視
方法論
効果が出るのは何日後?
リスニングは勿論、スピーキングにも!

テキストの量はかなり少なめ

まず、好感が持てたのは、テキストがもの凄く少ないということ。

「量を多くすることで値段をつり上げる」という業者もいると聞きますが、プライムイングリッシュはその逆。

物量ではなく質、もっといえば、「英会話はコツが大事」というスピリットは確かなようです。


方法論に共感

プライムイングリッシュに関心を持った人ならばもうお馴染みかもしれませんが、

音声変化×サンドウィッチリスニング×3ステップスピーキング

という斬新なアプローチ。

音声変化とは

「Stop it」は「スタピット」と覚えましょうというのが「音声変化」。

ネタバレ

テキストには、英文にフリガナがふってあるページがあって、これがかなり衝撃的です。

※全文フリガナつき

※フリガナをふっていないページも勿論あります

これで「English deaf」を克服します。

※ English deaf とは、英語を何十回繰り返して聞いても聞き取れないこと。

English deaf の克服法>>

サンドウィッチリスニングとは

その音声変化したネイティブの音声CDを、①最初はスロースピードで聞き、②次に自分で発音し、③そしてナチュラルスピードで聞くという順序でリスニングをトレーニングするのが「サンドウィッチリスニング」。

3ステップスピーキングとは

①日本語を聞き、②英語を「想像」し、③正解の英語を聞き、④それを真似する

次に、

①日本語を聞き、②英訳し、③正解の英語を聞き、④それを真似する

最後に、

登場人物Aのセリフを英語で言い、②登場人物Bの英語を聞き、③登場人物Aのセリフを言い

といった感じでステップアップしながら行うスピーキングトレが「3ステップスピーキング」。


効果を感じるのは何日後?

確か、「1日目から効果を感じる」っていう触れ込みだったような気がしますが…

1日目から効果を実感!話題の英会話教材【プライムイングリッシュ】

学習スケジュール表

イントロダクションテキストの「標準的な学習スケジュール」に沿った場合、効果を感じることができるのは、「最短で2日目から」ということになるはずです。

(なぜなら、1日目は「ネイティブ同士のナチュラルスピードの会話を聞くだけ」だから…)

1日目:ネイティブ同士のナチュラルな会話を何度も聞く

2日目~4日目:サンドウィッチリスニング

5日目~7日目:3ステップスピーキング

※以上が「Skit 1」で、これと同じサイクルを全24 Skitで行うことになります。

プライムイングリッシュが本領を発揮するのは、サンドウィッチリスニングがスタートする2日目以降なはず。

なので「1日目から…」というのは盛り過ぎですね(笑)

1か月で「ネイティブのナチュラルスピードを…」

まずリスニングについてですが、元々知っている英単語ばかりの英文であれば、3週間から1か月くらいでかなりの程度、ネイティブスピーカーのナチュラルスピードの英語を聞き取れるようになると思われます。

と言いますのは、多くの人は、簡単な英文でも聞き取れない「English deaf」という状態にあると考えられ、逆に、聞き取るために必要な「引き出し作り」を1か月も続けていれば、かなりの程度レベルアップできると思われるからです。

ここで言う「引き出し作り」とは、「of」は「オブ」ではなくて「ア」に近く、「to」は「トゥ」ではなく「ダ」に近い…など、「教科書英語とは異なった音声認識の引き出しを脳内に植え付けること」です。

ご参考に:English deaf の克服法>>

※プライムイングリッシュは、半年分の英会話教材ですが、少なくとも、リスニングの効果を実感するのには、半年どころかその半分の3カ月も必要ないと考えられます。


スピーキングには・・・

というわけで、プライムイングリッシュはリスニングに関しては、短期間で絶大な効果を発揮するものと思われます。

では、スピーキングについてはどうでしょうか?

当初、「話したい内容を英語でしゃべる」という瞬発力を鍛えるのには、プライムイングリッシュはあまり効果を発揮しないのではと思い、そのようにここでも記載していました。

ところが・・・

サポートメールが秀逸!

購入する際、「お客様情報入力」の画面で「英語フレーズ情報のお届け」の欄、「」にチェックを入れておいたところ、週に2回ほどサポートメールが送られてくるようになりました。

そして、この内容が秀逸で、例えば、「控えめに提案するフレーズ」、「お誘いを断る時のフレーズ」、「欲しくてたまらないこと、したくてたまらないことを表現するフレーズ」などなど、教材で扱っている内容を別の角度から解説してくれています。

※このメールだけでも、もう1つ分の教材の価値はありそうです。

日頃のトレーニングでは、音声変化のことばかりに気を取られそうですが、扱っている内容はスピーキングにおいても「日本人の苦手な部分をフォローする」仕様になっていて、「話したい内容を英語で話す」瞬発力を鍛えるのにも非常に有効だと思われます。

というわけで、プライムイングリッシュは、リスニングだけでなく、スピーキング力のアップにも大いに力を発揮するでしょう(※余談ですが、サポートメールで送られてくる「サマー先生の解説動画」、サマー先生が凄くカワイイので、特に男子は必見です!^^)。

↓↓プライムイングリッシュ公式↓↓

教材コレクターはもう終わり。
あなたが手にする最後の英会話教材
【プライムイングリッシュ】

  • 2017 05.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク
プロフィール

14歳まで英語圏に滞在し、17歳で英検一級に合格。
某全国高校生英語スピーチコンテストで優勝経験のあるトリリンガル帰国子女。
趣味はクラシック音楽、写真。
このブログでは、英語と外国語に関する情報をシェアしていきます。

1日30分165円の投資で驚くべき効果が!