文末の much longer の意味(訳し方)

この記事は1分で読めます

英検2級の過去問に、

I don’t think I can cope with the stress much longer.

という英文がありました。

問題文は、copeのところが( )になっていて、選択肢の中に「cope」があるという問題でしたが、文末にある「much longer」って、どんな意味(ニュアンス)なのでしょう?

スポンサードリンク

この英検2級の問題は、「cope with(対処する)」を問う問題だったので、文末の「much longer」は、正解するために悩むような部分ではなかったはずですが、今後のために確認しておきましょうか。

直訳すれば「これ以上」

I don’t think I can cope with the stress much longer.

は、「これ以上、ストレスに対処することなんてできないよ」 という意味になります。

また、同じ意味でany longerを使うこともできます。

同じ「much longer」でも…

同じ「much longer」でも、

It will be much longer. (長くかかりそう)

などは、時間そのものを問題にしていますが、

I don’t think I can cope with the stress much longer.

は、時間がどうこう言っているわけではないので、「一度日本語に変換してから意味を考える」スタンスだと、多少混乱するかもしれませんね。

でも、「嫌なことはいつまでも続いて欲しくない」というイメージでこの英文を読むなら、この場合の「much longer」~直訳すれば「これ以上」~も違和感なく理解できるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • 2016 11.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク
プロフィール

14歳まで英語圏に滞在し、17歳で英検一級に合格。
某全国高校生英語スピーチコンテストで優勝経験のあるトリリンガル帰国子女。
趣味はクラシック音楽、写真。
このブログでは、英語と外国語に関する情報をシェアしていきます。

1日30分165円の投資で驚くべき効果が!