幼児バイリンガル教育をお金と手間をかけずに日本で行う方法

この記事は2分で読めます

親は2人とも日本に住んでいる日本人。資金が潤沢にあるわけでもない。

それでも、「日本にいて、幼児バイリンガル教育をすることは可能」というのが七田式と呼ばれるメソッドのようです。
【えっ?】たった35日で私の子供が英語を話した!←超話題!

インターナショナルスクールだけが英語環境ではない

幼児バイリンガル教育をするためには、何はともあれ、

「子供を英語環境に置かなければならない」

「子供が言語領域を発達させる6歳頃までに英語環境にいないと、なかなかバイリンガルには育たない」

という見方は、おそらく間違っていないでしょう。

そうなると、「英語環境」をどうやって子供の前に「出現」させるべきか? が問題になり、結局のところ、「インターナショナルスクールしかないのかな…」とでもなりそうですが、「英語環境は、どこの家でも作りだすことができる」というのが七田式の考え方のようです。

スポンサードリンク

英語フレーズが記憶の深いところにズンズン

6歳以下の段階でなぜ英語環境にいることが必要かと言えば、「英語を意味を持った言葉として、丸ごと、記憶の深いところに定着させる必要があるから」ということのようです。

なので、単に英会話のCDをBGM代わりに流しておくというのでは、英語を「言葉」としてではなく、単なる「音の一つ」としてしか認識しないので、記憶の深いところに定着させるのは難しいようです。

いわば、「心がないところに言葉はない」ということなのでしょう。

逆に、「意味のある音(言葉)」として認識したものは、幼児期の子供は、日本語・英語の別なく、記憶の奥深くにズンズンと蓄積していくようです。

CDの音を「意味のある言葉」としてインプットする工夫

七田式の場合、幼児に聞かせる英語を、幼児が「意味のある言葉」として認識するような工夫が施されているため、「七田式を取り入れる=子供を英語環境に置く」ということになるわけですね。

「本当にこんなんで幼児が英語を話せるようになるのかな?」という気がしないでもないですが、6歳以下の子供が言葉を覚える能力は、まさに「天才的」でもあるわけで、下手に親が陣頭指揮を取って「親の自己満足」で終わる可能性よりも、はるかに確率が高そうです。

【えっ?】たった35日で私の子供が英語を話した!←超話題!

  • 2017 03.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク
プロフィール

14歳まで英語圏に滞在し、17歳で英検一級に合格。
某全国高校生英語スピーチコンテストで優勝経験のあるトリリンガル帰国子女。
趣味はクラシック音楽、写真。
このブログでは、英語と外国語に関する情報をシェアしていきます。

1日30分165円の投資で驚くべき効果が!