ペルー ニュージーランド 速報(大陸間プレーオフ第2戦)

2017年11月17日

南米地区5位のペルーか?

オセアニア地区1位のニュージーランドか?

2018FIFAワールドカップロシア大会・本大会出場を賭けた大陸間プレーオフ第2戦のリアルタイム&結果速報です。

結果(試合終了)

ペルー 2-0 ニュージーランド

27分 ジェフェルソン・ファルファン(ペルー)

65分 クリスティアン・ラモス(ペルー)

試合は、日本時間11月16日AM11:15(現地時間15日21:15)にスタートしました。

ペルーは1982年スペイン大会以来、36年ぶり(9大会ぶり)5度目の本大会出場。

第1戦は

第1戦は、ニュージーランドのホームゲームで、スコアレスドロー(0-0)でした。

ルール

「2試合の総得点の多いチームの勝利」となっている(「①勝ち点 ②得失点差」基準と同じ結果になる)。

※よくある「アウェイゴール数の多い方の勝ち」ではないようです。

第2試合の90分終了時点でも同点の場合は延長戦が行われ、それでも決着がつかなければPK戦となるとのこと。

ペルーはニュージーランドを舐めすぎ?

思えば、10月10日の南米予選最終節。ペルーはホームでコロンビアと対戦。

4位のコロンビアと5位のペルーの直接対決で、どちらも「勝てば本大会出場決定、負ければ一転、6位以下に転落する可能性のある」試合だった。

両者とも「勝ち」にこだわるサッカーで、コロンビアがハメス・ロドリゲスのゴールで先制、ペルーがパオロ・ゲレーロのゴールで同点という、両エースがここぞという場面でゴールを決める大一番らしい展開。

ところが…

「暗黙のドロー」疑惑

後半も残り5分になったところで、ピッチ上で、コロンビアの選手からペルーの選手に「ドロー提案」の話が持ちかけられたという噂がある。

結果、コロンビア4位、ペルー5位で南米予選を終了。

この「暗黙のドロー」をペルー側が受け入れていたとすれば、それは「ニュージーランドを舐めていた」ということに他ならない。

果たして、サッカーの神様はどのような「裁定」を下すだろうか?

スポンサードリンク