死海文書発見!CNN日本語訳

2017年10月5日

スポンサードリンク

日本時間2017年2月9日(木)、死海文書(Dead Sea Scrolls)が60年ぶりに新たに発見されたというニュースをCNNが報じました。

以下、CNNウェブサイト(http://cnn.it/2kKbXtG)に掲載されていた英文のニュース記事の日本語訳です。

Excavations on the storied Judean cliffside revealed a new Dead Sea Scrolls cave, full of scroll storage jars and other antiquities, the first such discovery in over 60 years.

名高いユダヤの崖の発掘により、新しい死海文書の洞窟が明らかになった。その洞窟は文書の貯蔵瓶や他の古代遺品にあふれており、このような発見は60年以上ぶりだ。

The discovery upends a decades-old theory in the archaeological community that Dead Sea Scrolls were only found in certain caves at the Qumran cliffs, which are managed by Israel in the West Bank.

この発見により、死海文書は、ヨルダン川西岸地区のイスラエルによって管理されているクムラン崖の特定の洞窟でしか見つからないものとされてきた、考古学界の数十年に渡る常識を覆すことになった。

“Until now, it was accepted that Dead Sea Scrolls were found only in 11 caves at Qumran, but now there is no doubt that this is the 12th cave,” said Dr. Oren Gutfeld, one of the project’s lead archaeologists.

「これまで、クムランの11の洞窟でしか死海文書は発見されていないと認められていたが、今ではこれが12番目の洞窟であることは間違いない」とプロジェクトの主任考古学者であるオレン・ガタフェルド博士は述べた。

Pottery shards, broken scroll storage jars and their lids — even neolithic flint tools and arrowheads — littered the cave’s entrance. Farther in there appeared to be a cave-in.

陶器の破片、割れた文書貯蔵瓶およびそれらの蓋 – 新石器時代のフリント石器や矢頭でさえ – 洞窟の入り口に散在していた。その更に奥には洞穴があった。

After a bit of work with a small pickax, the team made a monumental find: an unbroken storage jar with a scroll. It was rushed to Hebrew University’s conservation lab, where it was unfurled in a protected environment.

小さなつるはしで少しの作業をした後、チームはとても大きい発見をした:文書の入っている破損していない貯蔵瓶だった。急いでヘブライ大学保全研究所に運ばれ、保護された環境の下で広げられた。

It had no writing; it was placed in the jar to prepare it for writing.

そこには何も書かれていなかった。執筆の準備のために瓶に入れられたのだ。

But the effort was not in vain.

しかし努力は無駄ではなかった。

Scientists soon discovered the cave-in was intentional and it hid a tunnel about 16-20 feet in length.

科学者たちはすぐに洞穴が意図的なものであることを発見した。そこに長さ約16〜20フィートのトンネルが隠れていた。

“At some point hidden in the tunnel, we found a few [three] broken storage jars with the lid,” said Gutfeld. The team also found the cloth coverings and the leather strap that bound the scrolls the jars once held.

「トンネル内の何箇所かで、蓋付きの割れた貯蔵瓶がいくつか(3つほど)見つかった」とガタフェルド氏。 また、チームは、それまで瓶に入っていた文書を巻くためのものだった布の覆いと革のストラップを発見した。

The team thinks looters ransacked the cave around the 1950s, pointing to pickaxes left in the tunnel as evidence.

チームは、トンネル内に残ったつるはしを証拠として、遺跡荒らしが1950年代に洞窟を荒らしたと考えている。

“I imagine they came into the tunnel. They found the scroll jars. They took the scrolls,” said Gutfeld. “They even opened the scrolls and left everything around, the textiles, the pottery.”

「彼らはトンネルに入ったと思う。彼らは保存瓶を見つけ、文書を取り出した」とガタフェルド氏は語った。「彼らは文書まで開け、織物や陶器などその他の物を残していった」。

Over the last few years, researchers believe Dead Sea Scroll fragments made their way onto the antiquity black market. According to Gutfeld, that resurgence led authorities and researchers to embark on the task of surveying all the caves at Qumran in the Judean desert.

過去数年の間、研究者らは、死海文書の断片が古物の闇市場に流出したと信じてきた。ガタフェルド氏によると、そういった復活話が、当局や研究者らを、ユダヤ砂漠のクムランすべての洞窟調査作業に駆り立てたという。

This is likely just the first in a series of Dead Sea Scroll discoveries, said Gutfeld; they have hundreds of caves and many years to go.

これは一連の死海文書発見のほんの最初のものであろうとガタフェルド氏は述べた。洞窟は何百もあり、何年もかかる。

“It’s a big project. It’s a big operation,” he said by phone. “We are very optimistic after 60 years we still find new caves with materials that shed new light on the scrolls.”

「これは大きなプロジェクトであり、大きな業務だ」と彼は電話で語った。「我々は、60年経っても、文書に新たな光を当てるための新しい洞窟が見つかるからとても楽観的だ」。

According to a news release from the Hebrew University of Jerusalem, the excavations are part of “Operation Scroll,” a joint effort by the university, the Israel Antiquities Authority, the Israel Nature and Parks Authority and the Civil Administration of Judea and Samaria.

エルサレムのヘブライ大学のニュースによると、この発掘は、大学、イスラエル考古学庁、イスラエル自然・公園局、ユダヤとサマリアの民間行政の共同作業である「オペレーションスクロール」の一部である。

スポンサードリンク

よく読まれています