英語できない人の海外出張まで1か月~大逆転勉強法が人生まで変える

2017年10月3日

英語ができなくても、海外出張を命じられることがあります。

これには色々パターンはありましょうが、会社から「英語力は大したことない」と評価された上で海外出張を命じられることもあれば、TOEICスコアなどから英語力が過大評価され、海外出張を命じられることもあるかもしれません。

スポンサードリンク

努力の姿勢くらいは見せた方がいいけれど…

会社の自分への評価がどのようなものであれ、海外出張を命じられたのに、余裕かまして、「英語の勉強など何もしなかった」ということだと、さすがに、会社内での信用を下げることになってしまうでしょう。

かといって、単にアリバイ作り的に努力の姿勢を見せるだけで終わると「真面目だけど、結果は伴わない奴」という評価になってしまうかもしれません。

また、責任のある立場の人であれば、会社からの評価云々以前に、「何とかしなければ」という気持ちが強いでしょう。

具体的な勉強方法とは?

では、「英語ができない」と自分で思っている人が、海外出張を前にしたわずかな時間にすべきことは何でしょう? その具体的な勉強方法について。

単なる自己満足とか、気休め、アリバイ作りで終わらず、これを機会に人生が変わってしまう大逆転の秘策とは?

最新の英語学習スタイル

「短期間で英語を何とかしなければ」という需要がある限り、それに対する供給は生まれるもの。

2017年夏時点の最新の英語学習プログラムによれば、それまで不可能だった短期間での英語力アップの可能性が格段に上がったと言えるでしょう。

その方法とは「英語コーチングスクール方式」です。

>>英語コーチングスクールとは?<<

※知っている人にとっては、「アレか…」でしょうけど、意外と知られていないようで、英語学習といえば、・英会話スクール ・オンライン英会話 ・英語教材 ・テレビやラジオの英語講座の中から選ぶしかないと思っている人も結構いるようなので、参考になれば…

2カ月の英語コーチングスクールで大丈夫?

「1か月で何とか」と思っている人が、「2カ月で飛躍」という英語コーチングスクールのプログラムに取り組んで大丈夫なのか? ということですが、2カ月間のトレーニングとは言っても、その効果が生じるのが2カ月後というわけではないようです。

また、カリキュラムは一人一人にとってベストなものが組まれるので、1カ月後に出張があることを先方に伝えれば、きっと専属トレーナーは張り切ってそれに合わせたカリキュラムを作ってくれるでしょう。

>>英語がコーチングスクールとは? オススメのコーチングスクールは?<<


スポンサードリンク

よく読まれています