TOEIC Bridge が大学受験(2018一般入試)で使える大学学部

2017年10月3日

スポンサードリンク

2018年(平成30年)の1月から3月ごろに実施される大学受験(一般入試)で、TOEIC Bridge スコアを持っていると優遇される大学・学部の一覧です(TOEIC《R/L》はコチラ>>TOEIC《L/S/R/W 》はコチラ>>)。

ご注意←必ずお読みください


<ご注意>

下記の表に挙げた例がすべてとは限りません

※下記のスコアを保持していても、大学・学部、試験(センター試験など)によっては試験会場での「英語」の受験が必要になる場合があるようなので、注意が必要です。

※先入観にとらわれず、志望校絞り込みおよび出願の際は、各大学・学部のホームページ等で、最新かつ正確な情報、要件をご確認ください

※当ブログ管理人の解釈の誤り等を含め、正確性を保証するものではありませんので、おおよその把握、今後の学習の目安としてお役立て下さい。

※2017年8月8日時点で、当ブログが把握している情報です。随時更新することを予定しております。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

TOEIC Bridge

TOEIC Bridge が大学入試(2018一般受験)で優遇されるスコア別大学・学部一覧です。

160以上

大学学部 扱い 参照元リンク
東北学院大学 文学部英文学科、総合人文学科、歴史学科、教育学科 80点扱い 参照元

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれています