センター試験2017英語・第5問は「君の名は。」?問題文和訳

この記事は7分で読めます

2017年センター試験を受験した人、英語はいかがでしたか?

第5問の長文読解問題は、「君の名は。」みたいな内容でしたね。面白かったので、英文と日本語対訳を全文、残しておくことにしました。

第4問A  第4問B  第6問

スポンサードリンク

問題文(英文)と和文対訳

問題文参照:YOMIURIONLINE (http://bit.ly/2joY4mh)

噂どおり、「朝起きたら猫と入れ替わっていた」というストーリーでした(笑)。

以下、英文と日本語訳を交互に並べていきます。

※見出しは僕が勝手につけました。

朝起きたら猫だった

Ahhhhhhhhhhh!
With a big yawn I woke up. What a fresh morning!

ああああ!

大欠伸しながら目を覚ました。何て気持ちのいい朝だ!

I felt very sharp, much sharper than usual. I was able to hear the singing of birds more clearly than ever before. I noticed the smell of coffee coming up from downstairs.

とても感覚が鋭敏だ、いつもよりもずっと。これまでにないほど、鳥のさえずりをハッキリと聞くことができた。コーヒーの香りが階下から漂ってくるのに気付いた。

I stretched out my arms in front of myself and raised my back; it felt so good. I sat up straight, licked my hand, and started to clean my face with it…. Huh?… Something was strange.

僕は前で腕を伸ばし、背中を上げた。とても気持ちがよかった。 まっすぐ座って自分の手を舐め、そして、顔をきれいにし始めまた….おや?…何かが変だった。

Why was I licking my hand with my tongue?  Why was my body covered with fur?  I tried to say something, but the sound that came out of my mouth was… “Meow.”

なぜ舌で手を舐めているんだろう? なぜ体が毛皮で覆われているのだろう? 何かを言おうとしたが、僕の口から出てきた音は… 「ミャオ」だった。

 It was certainly my bedroom that I was in. It was certainly my bed that I was sitting on. Everything was as usual except that… I seemed to have changed into a different creature.

自分がいるのは確かに自分の部屋。自分が座っているのは確かに自分のベッド。すべていつものようだった…自分が別の生き物に変わってしまった点を除いて。

 I was so surprised that I couldn’t move. I couldn’t do anything. I wondered – would I have to spend the rest of my life as an animal?

僕はとても驚き、動くことができなかった。 何もできなかった。残りの人生を動物として過ごさなければならないのか?

スポンサードリンク

すぐ気を取り直し、朝食へ

I began to feel afraid…. But after a few moments those feelings passed. So, with a wave of my tail, I started to explore my surroundings. A cat’s mind is said to be changeable like that.

僕は恐れを覚え始めた….でも、しばらくすると、その気持ちは過ぎ去った。そして、尻尾を振って周りを探索し始めました。猫の心はそのようにコロコロ変わると言われている。

As I went down the stairs, the smell of coffee grew stronger and I could tell what was for breakfast. Maybe the senses of a cat are sharper than those of a human.

僕が階段を降りると、コーヒーの香りが強くなり、朝食に何が出されているのかがわかった。たぶん、猫の感覚は人間の感覚よりも鋭いのだろう。

人間の自分がそこにいた!

When I got to the dining room, what I saw almost stopped my heart. It was me! The human I was sitting at the dining table! I couldn’t take my eyes off myself.

ダイニングルームに着いたとき、見たものに心臓が止まりそうになった。自分がいた! 人間の自分が食卓に座っていた! 僕は自分から目を離すことができなかった。

The human I was absorbed in a smartphone, maybe writing responses to friends’ messages or playing an online game. Bending my head down toward the phone, I was sitting with rounded shoulders and a curved back. I looked very uncomfortable.

人間の自分はスマートフォンに夢中で、多分、友達らのメッセージに返信したり、オンラインゲームをしたりしていたのだろう。頭をスマートフォンに向かって曲げ、僕は肩を丸め背中を曲げて座っていた。自分はとても居心地悪そうに見えた

スポンサードリンク

無表情な人間の僕

I sometimes took a little bite of toast, but it appeared that I was not noticing any taste in my mouth. Actually, the taste of toast in my memory was vague. I couldn’t remember what else had been served for breakfast recently, either.

時折トーストを少し食べたが、口の中では味をなにも感じなかったように見えた。実は、自分の記憶の中のトーストの味は曖昧だった。最近、朝食に他に何が出されたのかも思い出せなかった。

The human I was just mindlessly putting in my mouth anything that was on the plate while handling the phone.

人間の自分は、スマホをいじりながら無表情に、お皿の上にあったものをなんでも口に入れていた。

I was so focused on the text messages or games that I took little interest in what was happening around me. In fact, my face had no expression on it at all.

人間の自分はテキストメッセージやゲームに集中しすぎて、身の周りで起こっていたことにほとんど関心を持たなかった。 事実、自分の顔には全く表情がなかった。

“Yuji, you never study these days. Are you ready for your final exams? You’re making me a little bit worried,” said Mom.

「ゆうじ、最近勉強してないでしょ。期末試験の準備はできてるの? 少し心配だわ。」と、母が言った。

 “Mmm,” said I. A sign of frustration briefly appeared on my face, but it disappeared in an instant. My face was again as expressionless as it had been before. “I don’t like this guy,” I thought. But this guy was me. I couldn’t deny it.

「うーんん」と(人間の)僕は言った。自分の顔に失望(フラストレーション)の兆候が一瞬現れたが、すぐに消えた。その顔は以前と同じように無表情になった。この男、好きじゃない」と思った。でも、この男は自分で、僕はそれを否定できなかった。

 For the first time, I realized how I really looked to other people.
Then, as I started to leave the table, our eyes met. “Wow! Mom, look!
There’s a cat in the dining room!”

初めて僕は、自分が他の人たちからどのように見られているのかに気づいた。
そして、テーブルから離れようとした時、僕たちの目が合った。

うわー!、お母さん、見て! ダイニングルームに猫がいる!」

スポンサードリンク

人間に戻った

I didn’t know why, but I was running. I felt I had to escape. Running up the stairs, I found the window in my room was open. I jumped! I had a strange feeling. The world suddenly seemed to have shifted. I felt my body falling down and . . . . Bump!

自分でもわからなかったが、僕は走っていた。 逃げなければならないと感じた。階段を上ると自分の部屋の窓が開いていることが分かった。ジャンプしたのだ! 奇妙な気分だった。 世界が突然変わったようだった。 僕は自分の体が落ちるのを感じ、そして…ドカン!

I was awake, lying on the floor of my room. I slowly sat up and looked around. Everything looked like it usually did. I looked at my hands. I was relieved to see they were no longer covered with fur.

自分は起きていて、部屋の床に横たわっていた。僕はゆっくりと身を起こし周りを見回した。すべてはいつも通りに見えた。僕は自分の手を見た。もう毛皮で覆われていないことを見て安心した。

I stood up and, with a yawn, extended my arms above my head to stretch my back.

僕は立ち上がり、あくびをしながら、背中を伸ばすために頭の上に腕を伸ばした。

Without thinking, as was my usual habit in the morning, I started to walk to my desk where my smartphone had completed charging and … I stopped.

何も考えずに、いつもの朝の習慣で、僕は充電が終わったスマートフォンが置いてあった机に向かい始め、…立ち止まった。

After pausing for a moment, I turned around and went downstairs for breakfast.

一瞬立ち止まった後、僕は振り向いて朝食を食べに階段を下りて行った。

スポンサードリンク

問題と解答

以下、問1~問5(42~46)の各問は以下のようなものでした。

問1(42問目)

When Yuji realized that he had turned into a cat, he first felt (42).

正解:① astonished

問2(43問目)

When Yuji’s mother spoke to him, he was annoyed because (43).

正解:② her words disturbed him

問3(44問目)

The cat thought, “I don’t like this guy,” because Yuji(44).

正解:④ was not showing respect for people or things around him

問4(45問目)

At the end of the story, Yuji did not pick up his smartphone because he (45).

正解:① decided it was time to improve his attitude

問5(46問目)

What is the theme of this story? (46)

正解:② Observing yourself can lead to self-change.

第4問A  第4問B  第6問

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • 2017 01.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク
プロフィール

14歳まで英語圏に滞在し、17歳で英検一級に合格。
某全国高校生英語スピーチコンテストで優勝経験のあるトリリンガル帰国子女。
趣味はクラシック音楽、写真。
このブログでは、英語と外国語に関する情報をシェアしていきます。

1日30分165円の投資で驚くべき効果が!