英語挨拶、メール、プレゼン、会話…ビジネス英語をまとめて勉強

この記事は1分で読めます

かんたんな挨拶から英文メール、英語での電話、英会話、英語での会議、英語でするプレゼンテーション…

それらビジネス英語をすべてカバーした英語学習プログラムがあればいいのだけれど…

どこにでもありそうで意外とないのが「ビジネス英語学習のパック」。

でも、探したらちゃんとありました。

グローバルイングリッシュ日経版

「ビジネス英語」と一口に言っても、使われるシーンはさまざまで、就職・転職、キャリアアップに生かすためには、簡単な挨拶からメール、会話、プレゼンまで、広くカバーしておかないと、なかなか「英語できます」と自信を持ってアピールすることはできないもの。

そういうニーズにバッチリ対応しているのが、日本経済新聞社と教育メディア企業ピアソン社が共同開発したオンライン英会話プログラム【GlobalEnglish 日経版】

「ビジネス英語のパック」ともいえるこのグローバルイングリッシュ日経版(【GlobalEnglish 日経版】)は、学習スタイルはオンライン英会話。

15~20分の演習の連続とのことなので、「毎日、少しずつ」を「無理なく継続的に」取り組むことができる設計になっている点は歓迎すべきでしょう。

グローバルイングリッシュ日経版・口コミ&評判

TOEICも意識

英語を自己PRに使う場合は、英語力があることの証明をしなければいけませんが、ビジネス界では、やはりTOEICスコアがスタンダードで、今後もこの傾向は変わらないでしょう。

もっとも、英語のあいさつ、英文メール、英語電話、英会話、英語会議、英語プレゼン…の学習とは、TOEICの勉強そのものとも言えるので、小手先のテクニックでTOEICスコアを伸ばすのではなく、腰の入ったTOEIC対策をしたいという人にはピッタリでしょう。

当面は外見(TOEICスコア)重視の人も、いずれ中身が伴わないといけないわけですが、「中身の学習」がTOEIC対策にもなっているという点は、かなりイケてると言えましょう。

詳細⇒【GlobalEnglish 日経版】

口コミ・評判⇒グローバルイングリッシュ日経版・口コミ&評判

  • 2016 12.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク
プロフィール

14歳まで英語圏に滞在し、17歳で英検一級に合格。
某全国高校生英語スピーチコンテストで優勝経験のあるトリリンガル帰国子女。
趣味はクラシック音楽、写真。
このブログでは、英語と外国語に関する情報をシェアしていきます。

こちらもご参考に
↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログへ

イチオシ英会話教材

安いのに効果抜群!